コーヒー農園主に聞く ( ファゼンダ サンタ エレナ農園編 ) | MAGNUM COFFEE【マグナムコーヒー】

2021/04/30 15:57



1.Ernaneの経歴を簡単に教えてください
私はミナスジェライス州のカルモデミナス出身です。私の家族はいつもコーヒー栽培に従事してきました。これは常に私たちの生活の基盤でした。このことがきっかけで、私は最終的に農学部に進学し、そこでコーヒー栽培の知識を深めていきました。

コーヒー栽培を始めたきっかけは?
実際、私はすでに第4世代続く家業を受け継いでいるので、コーヒーは私の人生に常に存在していました。大学時代、私はこのコーヒー栽培に夢中になり、最初のコーヒーを植え始めました。これは私が貯めた貯金で行われ、父の教えにとともに行いました。今日までコーヒー栽培に従事できているのは、彼の存在なしには実現しませんでした。

E2Coffeeについて教えて下さい
(弊社ブラジルパートナー会社)
2019年、E2Coffeeを設立しました。
私たちは、カルモデミナス、クリスティーナ、ペドラルバ、そしてマンチケイラ山脈に位置するブラジルの主要なコーヒー生産地域であるカルモエリアに携わっています。このプロジェクトのパートナーであるErnaneとCaioは、農業エンジニアに加えて、コーヒー生産者でもあり、Edsonは経営管理者であり、Paulo Cesarはコーヒーのカッピングのプロとして20年以上の経験を持つQグレーダーです。この会社の強みは、コーヒー生産にかける情熱、農家や協同組合との良好な関係、マーケットニーズに関する知識、マネジメントスキル、この新しい取り組みへの決意と信念です。

あなたのコーヒー生産へのこだわりを教えてください
私の農園の特徴としては、機械化されていないため、すべての管理は手作業で行われることです、しかしその分生産コストが高くなります。だからこそ、マーケットやお客様のニーズに応えるだけではなく、品質の追求がさらに重要になっています。

最近流行している実験的プロセスについて、どうお考えですか?
プロセスに改良を加えていくことは、非常に重要であり、今後必ず必要になってくることだと思います。

素晴らしいコーヒー生産には何が最も重要だと思いますか?
適正な栽培、高度な技術、設備投資、何よりも、すべてを適切なタイミングで献身的かつ献身的に行うことが重要です。

今取り組んでいることやこれから取り組む新しいプロジェクトなどあれば教えてください
私たちは現在、新しい品種への取り組みの過程にあり、古い品種を新しい品種に植え換え、より生産的で、害虫や病気に耐性がありものに替え、なおかつ高品質を維持していこうとしています。

日本のロースターや皆様へメッセージをお願いします
ファゼンダサンタヘレナは、ミナスジェライス州南部のカルモデミナスにあり、標高950〜1,300 mで、土壌の質が高く、コーヒーを生産するのに最適な環境です。 息を呑むような風景と、あふれんばかりの自然とが組み合わされています。ぜひ一度農園に来てみてください!